映画・音楽、そして、アルビレックス新潟など・・・。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
天皇杯 ヴォルカ鹿児島戦
11/30(日)
アルビレックス新潟 5-0 ヴォルカ鹿児島
得点者: アンデルソン(2')、船越(42')、森田(44',48',85')

天皇杯スタート。J2優勝の余韻もまだ冷めませんが、チームは来年に向かってスタートしているわけで、そういう意味でも、天皇杯では少しでも多くの試合ができるようにと、思います。

相手のヴォルカ鹿児島は、JFLの下の地方リーグ所属で、今シーズンは九州リーグで2位らしい。

<フォーメーション>
見てないのであくまでも予想です。
    24森田  28船越
16末岡(13新井)  7栗原  23深澤
    6秋葉(32山形)  36熱田  
14高橋  3アンデルソン  19三田
       20前田

残念ながら、テレビ放送は無かったので、内容はわかりませんが、監督のコメントを読むと、流れからの得点が少なかったとのこと。主力がほとんど抜けてますし、フォーメーションも3バックを試したりと、きっとコンビネーションはイマイチだったのでしょうね。

他の1回戦のカードでは、J2の鳥栖が敗退、格下とはいえ、何が起こるかわからないサッカーですからね。次の高知大。気を引き締めて、まだまだ行きますよ!

| そうるF | アルビ2003 | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
最終戦(大宮戦)J2優勝!
11/23(日)
アルビレックス新潟 1-0 大宮アルディージャ
得点者: 上野(10')

超満員のビッグスワンは、文字通りオレンジ一色に。週間天気予報では、雪も降るかといわれていましたが、それは無く。それでも小雨交じりの天気は、選手にとってはどうだったのでしょうか。

前節、アウェイの福岡戦、終了間際の得点で敗北。なんとライバルの広島に、先に昇格を決められ、流れはイヤーな状況でした。いくらホームで圧倒的な勝率を誇るとはいえ、昇格という見えないプレッシャーは、私のような凡人にはとうてい理解できないこと、祈るような気持ちでこの日を迎えたのは、私だけじゃなかったはず。

事前の情報では、福岡戦の後、数人の選手が坊主になったとのこと。これは相当気合いが入っているぞ、と思う。そして、ふたを開けてみると、唯一のゴールを入れたのが(坊主になった)上野選手。ただの偶然ではないですよね(神さまあ)。

<フォーメーション>
        11 上野  10 マルクス (28 船越)
9 ファビーニョ             7 栗原(23 深澤)
         6 秋葉     8 山口
35 鈴木(17 安) 2 丸山  3 アンデルソン   14 高橋
             21 野澤

スタメンには、けがで戦列を離れていた鈴木が復帰したものの(完治してないよね)、出場停止の三田の代わりは高橋を起用するという、苦肉の策でした。とにかくディフェンスラインが心配でたまらないのでした。

先制点を入れてからは、どちらかというと大宮の攻撃を受ける時間帯が多くなって、見ていてもドキドキものでした(同点でもよかったのですが)。そんな状況での監督の言葉は、 「ラストスパートだ、燃え尽きていいぞ。あと50mだぞ!」 んーん。熱血だよね。反町監督は、戦略家という面を強調されがちだけど、試合中の言葉は、いつも熱いですよね。サッカーって、結局のところは、気持ちの入り方なのかもしれません。

さて、試合が終わり、広島が負けたことを知る。じゃあ、優勝ですよ。なんか、地獄から天国とは、このことじゃないかな。そんな気分でした。やがて、ビッグスワンに響き渡る、Queen の「We Are The Champions」。チャンピオンズリーグで聞く、その時も感動的だけど、今回は別次元の感動がやってきちゃいましたよ。そう、僕たちのアルビレックスがチャンピオン なんだよね。

試合後のインタビューで、軽く受け答えしていた山口選手が、最後にサポーターに向けて、大きな声で言った「新潟サイコー!」 という言葉、ジーンと来ちゃいましたよ(T_T)。君たちもサイコーだよ、と心の中で思ったのでした。ありがとう、アルビレックス!
| そうるF | アルビ2003 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アルビレックス新潟 横浜FC戦(ホーム) 昇格決まらず
11/8(土)
アルビレックス新潟 4-2 横浜FC
得点者: マルクス(4',59')、ファビーニョ(34')、安(71')
J2も残り3試合、ビッグスワンでの試合は2試合となりました。さて、この試合、条件によってはアルビのJ1昇格が決まる、ということで、多くの人が雨の中、ビッグスワンに集まりました(雨なのにスゴイ)。

私もこの時を見逃すことはできないと、行ってまいりました。

<フォーメーション>
         11 上野  10 マルクス 
9 ファビーニョ(12 宮沢)       7 栗原(23 深澤)
         6 秋葉     8 山口
35 鈴木(3 アンデルソン) 2 丸山  17 安   19 三田
             21 野澤

ここのところ先発レギュラーをつかんだ感のある、栗原ですが、この試合でもいい動きをしてました。は体を張ったディフェンスに1得点。栗原はコーナーキックによる2アシスト。両選手とも今シーズンは、不遇の時期が長かったのですが、終わり良ければすべて良し、ってところでしょうか。

「あとは気力だぞ!!」 反町監督のこの(ハーフタイムの)言葉、この試合だけでなく、あと2試合も、そうい気持ちが大事だよね。次節、福岡戦、勝って決めましょう! Go for J1!!
| そうるF | アルビ2003 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アルビレックス新潟 札幌戦(アウェイ)意地のドロー
11/1(土)
アルビレックス新潟 2-2 コンサドーレ札幌
得点者: 上野(30', 89')

サッカーはハートでするものだ!
反町監督のハーフタイムの言葉は、まさに今の新潟に必要なことですね。

ここのところアウェイで勝ちのない新潟、この試合もその流れを止めることはできませんでした。しかし、この試合、誰もが負けを覚悟していたのではないでしょうか。相手が退場で1人少なくなっているのに、なかなかゴールを割れない、ああ広島戦と重なる、そんな展開。そんな状況での、上野のゴールは、まさに涙ものの瞬間でした。ハートが伝わったよおお!!

<フォーメーション>

     11 上野  10 マルクス 
9 ファビーニョ    7 栗原(16 末岡)
   6 秋葉   8 山口(24 森田)
13 新井(12 宮沢) 2 丸山  17 安   19 三田
         21 野澤

さて、条件によっては次節に昇格が決まることになりました。しかし、まだまだわかりません。ディフェンス陣に奮起を期待して、ビッグスワンで必勝と行きましょう!Go for J1!!

| そうるF | アルビ2003 | 03:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アルビレックス新潟 川崎戦(アウェイ)しまった!
10/4(土)
アルビレックス新潟 0-4 川崎フロンターレ
得点者: なし

ご無沙汰しました(ーー;)。先日の広島戦、そして先週末の川崎戦、いずれもアウェイの2試合、無得点で敗れ去ってしまいました。しまった!って感じですね。負けたのはもちろん痛いのですが、昇格争いのライバルチームに勢いを与えてしまったのが、もっと痛いですね。

この試合、ケガで戦列を離れていたファビーニョ選手が復帰(驚きの早さ)し、現時点でのベストメンバーが揃ったのでしたが...

<フォーメーション>

     11 上野  10 マルクス 
9 ファビーニョ(12 宮沢)    23 深澤
     6 秋葉(28 船越)     8 山口
35 鈴木  2 丸山  3 アンデルソン 19 三田(15 本間)
          21 野澤

広島、川崎との試合、アウェイなんだから、守備を固めてドローでも、と考えてしまいそうですが、新潟は攻撃サッカーなんでしょうね。しかし、点が取れない。どうしてかなあ、気持ちの問題?!もうここまで来ると、マジで気合いなんだよな。立て直していこうね。Go for J1!!

| そうるF | アルビ2003 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
いつの日も
いつの日も (JUGEMレビュー »)
阿部真央,阿部真央,小森雄壱,安藤正和
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
iTunes Store

 

 iTunes Store(Japan) iTunes Store(Japan)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ